FRETベースのトロポニンCコンフォメーションバイオセンサーの開発と検証

FRET ベースのバイオセンサーで Thin Filament 活性化のリアルタイム検出が可能に!


Journal of Molecular and Cellular Cardiology に、ミネソタ大学の Vetter 氏と Martin 氏チームが、新しいトロポニン C FRET ベースのバイオセンサーを開発し、単離された心筋細胞と心臓組織(乳頭筋)の Thin Filament の活性化を追跡に成功したとの論文が発表されました。その研究において、マイオサイト・システム(MyoCyteシステム)乳頭筋・組織 収縮力測定システム(Papillary Muscle Chamber システム)を搭載した IonOptix のワークステーションが使用されました。

また TnC センサーを検証し、さらにそのセンサーを使用して、トロポニン C コンフォメーションにおける活性化依存性変化のリアルタイム検出を実証する一連のテストを初めて行いました。



WEBINAR:ハイスループットモデルのマルチセル Ca 収縮性測定システムについてもっと知りたい方、必見です。単離から正確なデータ取得、データ分析、分析後の解釈までのベストプラクティスにフォーカスした IonOptix の WEBINAR がオンデマンドで利用できるようになりました。




詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。

ご質問等は今すぐinfo@orangescience.co.jpへご連絡ください。