組織培養・伸展刺激コンテンツ一覧

013572_805b8ed26e1c4bffa0b4695a6c51f44f_

伸展・圧縮刺激培養装置

セルスケール(CellScale/Canada)のメカノカルチャー製品は、ユニークなデザインで5種類の伸展培養が可能です。全ての製品とも、お使いのパソコンと接続し伸展プロトコルを設定可能で、設定後はパソコンを切り離して、インキュベーターの中に入れて使用可能です。

MCB1header.jpg

細胞伸展装置

オレンジサイエンスでは、3つのメーカーの伸展・圧縮刺激装置を取り扱っております。メーカーそれぞれにユニークな特徴がございますので、お客様のご要望に近い製品をご提供できます。

画像310.png

MCB1​使用方法

MCB1は、本体、コントロールボックス、パソコンが必要となります。パソコンはプロトコル設定時のみ必要で、設定後は取り外せます。設定後はコントロールボックスにプロトコルが記録され、MCB1を制御します。

画像1.png

圧縮強度測定装置使い方

MicroTesterは、マイクロビーム(カンチレバー)でサンプルを圧縮し、前方にあるカメラでその変位を捉え、様々なアウトプットから、サンプルの強度を測定できる装置です。

cellscale-20200225-01.jpg

圧縮培養

圧縮培養は再生医療に関わる細胞の研究や各種細胞への圧縮刺激実験、細胞内のシグナル伝達研究、細胞形態の研究、リアルタイムでの細胞観察、タンパク質発現の研究、遺伝子発現、イオンチャンネル、細胞への短時間・長時間刺激による研究・観察など、多種多様な用途で用いられます。

図1.png

細胞伸展

細胞伸展とは、細胞を培養する際に機械的に細胞に伸び縮みする伸展刺激を与え、生体内に近い環境で細胞を培養することです。

機械的に伸展刺激を与え細胞を培養することで、細胞のメカニズム解明や素材の開発に活用することができます。

MCFX2-reduced.png

伸展培養

伸展培養を行うことで、細胞が成熟する効果や遺伝子・タンパク質発現が見られる、刺激を与えている際の細胞の様子を観察できる、などのメリットがあります。

図3.jpg

MCT6​使用方法

MCT6は、本体とパソコン(別途ご用意ください)が必要となります。パソコンはプロトコル設定時のみ必要で、設定後は取り外せます。プロトコルはMCT6のメモリーに記憶され、動きを制御します。

cellscale-20200225-03.jpg

圧縮刺激

圧縮刺激とは、細胞を圧縮しながら体内に近い環境で細胞を培養するために用いられる方法です。
体内にある細胞は何らかの刺激を常に受けて動いており、細胞を研究する際は体内環境と同じ環境を再現し、細胞の培養や観察を行う必要があります。

cellscale-20201210-02.png

培養細胞伸展システム

メカノカルチャーシリーズの培養細胞伸展システムには、研究用途や目的にあわせて様々なタイプのシステムが用意されており、培養細胞の伸展刺激や圧縮刺激に対応しています。

すべての製品がコンパクトな形状で取り扱いがしやすく、ストレッチパターンや圧縮パターンも各フェーズ毎に秒単位で柔軟に設定できます。

c32e5594-fe92-4793-8ea5-dfbdcac755f7.png

伸展刺激

伸展刺激には細胞伸展刺激装置が用いられ、シリコンやPDMSなどの伸縮素材の上で細胞を培養し、伸び縮みの刺激を与えながら細胞を培養します。

細胞伸展刺激装置を用いることで細胞に伸展刺激を与えながら培養することができます。

画像2.png

培養細胞 ストレッチ

培養細胞へのストレッチは様々な細胞に応用できます。心筋細胞、ips細胞、平滑筋細胞、骨格筋細胞、血管前駆細胞、血管内皮細胞、幹細胞、脂肪、上皮細胞、線維芽細胞、軟骨細胞、骨芽細胞、などの各種細胞の研究や、再生医療に関する研究に使えます。

図7.png

MCTR使用方法

MCTRには、本体、コントローラーが附属しておりますが、その他にエアーコンプレッサー、パソコンが必要となります。パソコンはプロトコル設定時のみ必要で、設定後は取り外して、コントローラーでMCTR本体の動きを制御します。

MCTR-Hydrostatic-e1567618338324.png

静水圧刺激

静水圧刺激とは、細胞を培養する際に、より体内に近い環境で細胞を培養するために用いられる手法で、静水圧刺激装置を用い、細胞へ機械的に水上で圧縮刺激を一定間隔で与えながら細胞を培養し、細胞活動の研究に活用します。

cellscale-20191030-02.png

細胞の伸展刺激

伸展刺激を細胞に用いて細胞を培養、観察、研究するメリット。伸展刺激を与えながら細胞を培養することで、細胞が成熟する、遺伝子・タンパク質発現が見られる、伸展刺激を与えている際の細胞の様子を観察できる、などのメリットがあり、伸展刺激を与える細胞と刺激を与えない細胞の比較もでき、細胞活動の違いや最終的な形態の比較ができます。