logo-orange.png

細胞観察

近年、培養細胞は基礎研究だけでなく産業や医療への利用が進みつつあり、培養細胞の品質の安定性や、その結果の再現性が高く期待されるようになってきました。蛍光顕微鏡を用いた細胞観察は、細胞観察の有力な手法の一つです。ライブセルイメージングシステムを使用すれば生きた状態での細胞観察を行うことができ、画像撮影だけでなく、動画撮影、タイムラプス観察も可能です。付属の分析ソフトを使用すれば2Dオブジェクトの検出、追跡、画像分析も行うことができます。

細胞観察例

緑蛍光と位相差の複合画像。
いくつかのニューロンでMAP-2発現を示すマウス初代皮質のニューロン培養。
※Stanford UnivのC Stary labより提供。

キメラ抗原受容体(CAR)T細胞の精製 と血小板除去用のマイクロ流体デバイス
Campos-Gonzalez他, 2018

血小板のマイクロバイオリアクター
システムにおけるフローパターン 
 Martinez他, 2017 

マウスの内網状層と外網状層中の網膜組織のミクログリア

2種類のmRNAを示す組織バイオプシー

マウスの小脳皮質の中のプルンキンエ細胞

希突起神経膠細胞

色付けされたマウスの腎臓の糸球体尿細管(緑)とアクチンフィラメント(赤)

"Protein phosphatase 2A regulatory subunit B55α functions in mouse oocyte maturation and early embryonic development" (Liang et al, 2017)

Failure of Cytokinesis & Extrusion of Polar Bodies: 5分~12時間間隔のタイムラプス "Anillin Controls Cleavage Furrow Formation in the Course of Asymmetric Division During Mouse Oocyte Maturation" (Lee et al, 2016)

Germinal Vesicle Breakdown: 5分~6時間間隔のタイムラプス "Depletion of the LINC complex disrupts cytoskeleton dynamics and meiotic resumption in mouse oocytes" (Luo et al, 2016)

​細胞観察の使用例

非常にコンパクトなので、インキュベーター、安全キャビネット、ワークステーションなどの限られたスペースでの作業が可能で、モデルにより、外部からのリモート操作、イメージモニタリングが可能です。

細胞観察 - ソフトウェア

USBで画像をコンピュータに直接送信するLumaviewソフトウェアが付属しているため、オンボードでの画像保存、処理が不要になり、コンパクト化を実現しました。 Lumaviewは、数秒、数分、数時間、または数日にわたるタイムラプス観察を可能にし、ライブビデオは毎秒最大30フレームで録画が可能です。

Lumascope 細胞観察顕微鏡一覧

Lumascopesには様々なモデルがあり、位相差、1色蛍光、3色蛍光、手動ステージ、自動ステージなど、様々なシーンに応じたモデルを用意しております。

etaluma-ls720.png
etaluma-ls620.png
etaluma-ls560.png
etaluma-ls460.png

メーカー別/製品別

​サポート