logo-orange.png

マイクロスケール圧縮強度測定装置(MicroTester G2・LT)

​iPS心筋細胞組織 収縮力測定

 MicroTesterは、マイクロビーム(カンチレバー)でサンプルを圧縮し、前方にあるカメラでその変位を捉え、様々なアウトプットから、サンプルの強度を測定できる装置です。

 しかし、設定を変えることにより、収縮力の測定も可能です。ここではその方法を紹介します。

CellScale MicroTester 測定画面

測定動画

収縮力測定 設定方法

基本的な設定では下記のサイクル(Load、Hold、Recover)で負荷をかけますが、収縮力測定では、Load、Recoverを短くし、Holdを長く設定します。

​​下の動画は、200µm径のiPS心筋細胞チューブを0.4㎜径のビーム(カンチレバー)で測定している画像を前方のカメラで記録したものです。HoldのPhaseでビームが固定されている間、サンプルの収縮によりビームは上に押し返され、その間に右のようなデータが取れます。

iPS心筋チューブの収縮力測定時の画面です。上部に見える円形のものがビームを前面から見たもので

​CellFiber社提供

https://cellfiber.jp/

動画

クライアントレビュー

ジャスティン・リュー博士 - Justin Liu, PHD Candidate

サンディエゴ大学 - Shaochen Chen Lab, University of California San Diego

組織工学アプリケーションのためのソフトハイドロゲルのマイクロ/ナノスケールの3Dプリントに焦点を当てています。MicroTester は、他の方法では正確に測定することが難しいサンプルを、正確に測定することができるユニークな装置です。提供されるソフトウェアは使いやすく、ラボの多様なニーズに柔軟に対応します。

レアンダ・バプティスタ教授 - Prof. Leandra S. Baptista

リオデジャネイロ大学 - Federal University of Rio de Janeiro

Delivery of Human Adipose Stem Cells Spheroids into Lockyballs.

 

MicroTester は、多機能な光学システムと、機械特性試験により、細胞スフェロイドの測定を可能にするユニークな装置です。また、CellScaleのカスタマーサポートにも大変満足しています。

​仕様

LT モデル

G2 モデル

価格

MicroTester G2 本体 ¥7,000,000-
MicroTester LT 本体 ¥3,780,000-

*パソコンは付属しません

​*ソフトウエアは無償です

デモ機貸し出しについて

国内にお貸出し可能なデモ機を持っていないため、即時の対応はできませんが、相談に応じますので、まずはお問合せ下さい。