logo-orange.png

小型蛍光顕微鏡「Lumascope」を用いた細胞観察

細胞観察に小型の蛍光顕微鏡が必要な理由

細胞は生物学において重要な役割を果たしています。

 

ヒトや動物の細胞を培養しながら観察するには、温度や湿度を一定に保った状態で数日から数週間に渡って細胞の時間経過をタイムラプス等の機能を用いて観察する必要があり、その多くはインキュベーター内で行われます。

 

インキュベーター内で細胞を観察するためには、インキュベーター内に設置したまま観察できる小型の蛍光顕微鏡が必要です。

 

小型蛍光顕微鏡「Lumascope」を使用すればインキュベーター内での観察が可能となり、細胞の変化を損なうことなく、長期間にわたる細胞の活動を観察することができます。

Lumascopeはインキュベーター内での細胞観察に使用可能な

コンパクト蛍光顕微鏡です。

Lumascopeは、高解像度、多用途、コンパクト、低コストで高品質の画像を得ることができ、細胞の挙動を詳細に捉えることができます。

インキュベーターの他にも、安全キャビネット、環境制御ワークステーションなどの限られたスペースの中でも使用でき、お使いのコンピューターとUSDで接続するだけで、静止画、動画、タイムラプスを簡単に保存できます。

セットアップも簡単にでき、即座に使用が可能でセットアップ後のメンテナンスも基本的に不要です。最新LEDの光学設計により操作性・メンテナンスを簡素化、使いやすさを実現しました。

従来の蛍光顕微鏡との​比較画像

従来の蛍光顕微鏡

Lumascope

細胞観察の応用例

Lumascopeは多様な観察用途に応用できます。ライブセルイメージングはもちろん細胞増殖やコンフルエンス、細胞移動、創傷治癒、細胞死の分析、幹細胞の挙動観察、培養観察、スフェロイド観察など、細胞観察に必要なあらゆる観察用途に応用されています。

多様な観察用途

  • ライブセルイメージング

  • 細胞増殖、コンフルエンス

  • 細胞移動、創傷治癒

  • タンパク質発現のトラッキング、定量化

  • トランフェクション効率の決定

  • 生体内調査

  • 幹細胞の挙動観察

  • 細胞死の分析

  • ​培養観察

  • スフェロイド観察

  • 下等真核生物の観察

  • AC電源不要顕微鏡撮影

​など

細胞観察例画像

細胞観察 - Lumascope 顕微鏡一覧

Lumascopesには様々なモデルがあり、位相差、1色蛍光、3色蛍光、手動ステージ、自動ステージなど、様々なシーンに応じたモデルを用意しております。

ライブセルイメージング蛍光顕微鏡LS720
ライブセルイメージング蛍光顕微鏡LS620
ライブセルイメージング緑色蛍光顕微鏡LS560
ライブセルイメージング明視野顕微鏡LS460

メーカー別/製品別

​サポート