logo-orange.png

フレックスセル(Flexcell)

伸展刺激培養装置(Tension System)

 Flexcell®Tension Systemsは、特許取得済みのコンピューター制御のバイオリアクターであり、in vitroで培養された細胞に周期的または静的な負荷を与えます。 Flexcell®Tension Systemsは、筋肉、肺、心臓、血管、皮膚、腱、靭帯、軟骨、骨などの培養細胞の、負荷に対する生化学的変化、反応を分析できるように設計されています。

 このテンションシステムには、専用の、UniFlex®(単軸ひずみ)または、BioFlex®(等二軸ひずみ)培養プレートが必要となります。

Tensionシステムは、培養細胞を刺激するのに最適です。

モーターまたは電気的なシステムでの駆動の代わりに、空気圧を使用することによって、交絡振動による負荷、電子(E)、または磁場(B)の影響を回避できます。

 正圧、負圧を使用して、フレキシブルボトムの培養プレート上で培養された細胞に、周期的、静的なメカニカルストレスを加える、コンピューター制御のバイオリアクターです。

 筋肉、肺、心臓、血管、皮膚、腱、靭帯、軟骨、骨などの細胞の in vivo 状態を模倣するプロトコルでシミュレーションできます。

 ユーザー様が作成した3次元細胞播種ゲルに、1軸、2軸引張ストレスを加えることができる、コンピューター制御の細胞ストレッチバイオリアクターシステムです。ユーザー定義の負荷プロトコルを適用して、心拍数、歩行、ランニング、およびその他の動的な運動パターンを、3次元組織にシミュレートできるシステムです。

 これにより、皮膚、腱、靭帯などのバイオ人工組織サンプルを最大35 mmまで構築できます。

 単一のベースプレート、または顕微鏡デバイスを使用して、リアルタイムで細胞を伸ばすことができます。

 in vitroで培養された細胞に周期的または静的なメカニカルストレスを与えることができる、小容量のコンピューター制御の細胞伸長バイオリアクターシステムです。

 生体組織のひずみと周波数をシミュレーションして、筋肉、肺、心臓、血管、皮膚、腱、靭帯、軟骨、骨の細胞のリアルタイム応答を表示します。

top-menu-logo-bg-100.jpg

メーカー別/製品別

​サポート