logo-orange.png

Flexcell(フレックスセル社)

1プレート用 伸展刺激培養装置(Flex Jr.®)

  • 特徴

  • コンピューター制御のバイオリアクター。真空圧と正圧でフレキシブルボトムの培養プレート上の細胞に、周期的または静的な機械的刺激を与えます。

  • 単層、または3次元の細胞に、制御された静的または周期的な機械的刺激を与えます。

  • 生体内組織の負荷と周波数を、生体外でシミュレートできます

  • 最先端のデジタルバルブが、レジメンの真空圧と正圧を自動的に調整します

  • 筋肉、肺、心臓、血管、皮膚、腱、靭帯、軟骨、骨の細胞のin vivo状態を模倣します。

  • FlexSoft®FX-6000™ソフトウェアにより、1つのレジメンで複数の周波数、振幅、波形の変更をプログラムできます

  • Windows 10に対応

  • Bioflex®培養プレートと円柱状のローディングポストにより、等二軸伸展負荷が可能です。

  • ローディングステーションを削除することにより、勾配ひずみ、または無拘束膨張を実現。

  • 利用可能な波形:静的、正弦波、心臓刺激、三角波、方形波、カスタム

等二軸伸展用培養プレート

​BioFlex

Inverted Stage Flexer(観察用チャンバー)

BioFlexの代わりに、Inverted Stage Flexerを使用することも可能です。

  • 54mm径のシリコン膜の上で細胞の培養が可能です。(培養エリア 22.9 cm2)

  • StageFlexer 上の細胞は、通常の倒立顕微鏡で観察可能です。

  • デバイスは、通常の倒立顕微鏡に直接取り付け可能です。

  • シリコン膜の伸展範囲は1.6%~12%です。

  • 焦点距離ニーズを満たすために、Z方向の測定が必要です。

  • 簡単にセットアップ可能です。(5つのパーツのみ)

Inverted Stage Flexer

設置例

注意

  1. 真空圧用のポンプが必要となります。

  2. Pressure Reservoirはオプションとなります。(エアーのスパイク防止)

  3. Water TrapはFlexlinkよりも低い位置に設置してください。

  4. FlexlinkからBaseplateのチューブは3m以下にしてください。(3m以下であれば問題ございません。)

エアーソース(ポンプ)

Flex Jr.には真空圧には下記スペックが必要です。下記メーカー推奨品か、同等品をご用意ください。

真空圧用ポンプ

メーカー:Leybold

型番:Trivac D8B

最大圧力: -100kpa

Flow Rate:5.7 ft³ / min (161 L / min)

関連製品

 伸展刺激培養装置専用培養プレートです。

 専用培養プレート(BioFlex)に等二軸伸展を与えるのに使用します。

 専用培養プレート(BioFlex)の中心に細胞を培養し、左のLoading Stationと使用することにより、均一に伸展刺激を与えることができます。

メーカー別/製品別

​サポート